shikingurikaizen-kouza

 

この度、共催させていただいております
株式会社MEPたちばな総研様との
「リスクヘッジ・資金繰り改善講座」が4年を迎え
より広く全国の経営者様に届けられるよう、Youtube視聴環境が
あればどこでも見られる動画講座を開始いたしました。

下記は講座の紹介内容ですが、
その文章を読んでいただくだけでも、
抱えているものが少し軽くなります。

ぜひご参考いただければと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回は、資金繰り改善に苦心する社長様に送る
「3つの安心」についてのノウハウでについてです。

これらノウハウは、これからの事業展開に資金が必要な場合
に、また資金ショート直前の社長様にも役立つとっておきの
情報でございます。

(もしよろしければ2分ほどお付き合いください)

早速ですがその「3つの安心」に
ついてお伝えいたします。

=====================

その1.融資は銀行側の投資であること

その2.よく間違われる返済の優先順位について

その3.社員や家族、社長ご自身を救う方法は一つでないこと

=====================

まずは社長様ご自身が会社と社員・家族・自分のことなど、
一人の人間として“何を優先して守るべきか”が明確な方は
コチラの動画をご覧くださいませ。

→ https://www.youtube.com/watch?v=1DOsQgpj8mA

 

それでは「3つの安心」について解説いたします。

 

その1.融資は銀行側の投資であること
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
貴方は株や不動産等の投資をしたことがありますか?

もしその投資での利ざや獲得に失敗したら、
誰の責任でしょう。

そうです、投資した貴方の自己責任となります。

しかし、なぜ金融機関の投資である「融資」は本人側の責任
ではなく、借りた側の会社責任、、、のように扱われるので
しょうか。

 

その2.よく間違われる返済の優先順位について
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
金融機関への返済に頭を悩ませている時期だからこそ考える
べきことがあります。

・「金融機関(銀行)」は社長(又は一個人にとって)
どのような存在か

・商売が成り立っているのは銀行よりも
「取引先や協力先企業」のおかげではないか

・自分がここまで頑張ってこれたのも「社員や家族」が
あるからではないか

この3つを考えれば、どこに優先的にお金を流すかが
明確になってきます。

ただし忘れてはならないのは一番大事なのは「社長ご自身」
です。

 

その3.社員や家族、ご自身を救う方法は一つでないこと
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
貴方は今こう思っていませんか?

「銀行への返済が滞ったら自分の商売(人生)終わりだ!」

思ってなかったら良いのですが、実際に毎年多くの経営者が
このような考えを持ち、自己破産などの方法を意識する方が
10万人近くもいることは統計上明らかなのです。

しかし今回一番知って欲しいのはこの事です。

「社員や家族、ご自身を救う方法は一つでないこと」

そしてこの3つを御社の場合、どのように活用するかが
具体的に分かる講座を開催いたします。

【講座詳細はコチラ】http://shikin-kaizen.net

※まずは上記サイトの動画のみでもご覧ください。

 

————————————

今回ご紹介する、資金繰り改善率97%の
「リスクヘッジ資金繰り改善講座」では講師本人が
“6億円の負債” を抱える「元多重債務 経営者」であるため、

「実体験を基にした」実践的な資金繰り改善ノウハウを
ご紹介しております。

本講座のノウハウは、以下のような貴方の会社の継続のために
多くのメリットをもたらすことをお約束いたします。

 

■即効性のある資金繰り改善法を知ることができます。

■良い法律家の見分け方が分かります。

■金融機関(銀行)との正しい付き合い方が分かります。

■家族・社員・会社・ご自身を守る方法が分かります。

 

ぜひともここでしか聴けないノウハウで、
関係者とご自身を守る術を知っていただければと思います。

尚、本講座は少人数制となります。

定員になり次第、随時締め切らせていただきますので、
ご興味のある方はお早めにお申込みくださいませ。

それでは宜しくお願いいたします。

講座の詳しい情報は以下となります。

【詳細】http://shikin-kaizen.net

————————————

以上になります。

ご不明点などありましたら申し付けくださいませ。

よろしくお願い致します。