建設業DXウェブセミナー集客(経営コンサル業)

配信概要

  • 業種経営コンサルタント業
  • 訴求サービス建設業DX促進サポート
  • 配信目的セミナー集客
  • 配信業種建設業、建築・デザイン業(全国)
  • 配信結果7人集客(4,500件に1件)

メール配信の効果

建設業界の構造的課題の、「人手不足」や「残業時間の上限規制」などありますが
一方、大規模プロジェクトや地域のインフラ整備費の拡大など、社会的な建設需要も
予想されています。

そこで、これからの需要増の波に乗り「受注拡大」していくための
建設業デジタル化促進のためのウェブセミナーについてのメール集客です。

建設業、建築・デザイン業向けにメール配信4,500件あたり1件の
セミナー参加申込をいただきました。(合計:32,000通配信)

同効果が見込まれるサービス

メイン作業プロセス、またはバックオフィス業務のDX化を
社会的支援と併せてサポートが可能な業界
(製造・医療・自治体・物流 など)

集客効果アップのポイント

建築業界のDX化は既に政府の施策と合わせて社会的に進んでいるため
その流れを受けてセミナーを実施している事で、セミナー開催のストーリー
既に認知されております。

あとは現場でどのような作業とDXは相性が良いのか、どういった企業が
DXに向いているかなど、個別サポートができる旨もメール原稿に記載して
告知ページに誘導いたしました。

  • 社会的な動きと合わせたDXサポートができる事を訴求
  • 建築業の現場作業とDXの相性を訴求
  • 開催企業の信頼性もメールで訴求し、相手に安心感を与える