ランディングページの作成:コンテンツの構成で反響率を上げる

集客に繋がるランディングページの作成:媒体別の制作ポイント

 

今回は、前回の
ランディングページの作成:メインのキャッチフレーズの作り方
の続きです。

 

ランディングページ経由での反応をあげる(反響率を上げる)について
以下のステップが重要になりますが、今回はステップ3についてです。

ステップ1.誘導元メディアを利用するユーザーに向けて作成する
ステップ2.興味を引くキャッチフレーズでユーザーの心を捉える
ステップ3.流れの良いコンテンツ構成で、ユーザーにアクションさせる

 

ランディングページにおいて「デザイン」の綺麗さは重要ですが
リサーチしていますとデザインの綺麗ではないランディングページでも
広告として出しているのは企業が鈍感力がすごいか、十分売れている
ランディングページであるかのどちらかです。

デザインが綺麗でなくても、コンテンツの流れがしっかり出来ていれば
成果は出てきます。

 

デザインの綺麗さは、制作会社の選択でいかようにも変わりますが
「コンテンツの流れ」を作るには自社担当者のセンスが必要なので
まずはしっかりと身に付けることが必要です。

 

多くの売れているランディングページの構成は以下のように共通していますので
まずはこれを覚えるだけでもコンテンツ制作のセンスが身につくでしょう。

1.インタレストゾーン:興味づけ(前回のコラムで解説
2.ソリューションゾーン:問題提起・解決法
3.トラストゾーン:信頼獲得

 

下記の図は弊社サービスページをわかりやすいように加工したものです。
ソリューションゾーン部分に概要の吹き出しを付けております。

ランディングページ構成図

 

 

前回のコラムでは、その導入部分(インタレストゾーン)について
執筆致しましたので参照していただければと思います。

今回は他2つのコンテンツである、ソリューションゾーンとトラストゾーンに
ついてお伝えいたします。

 

ソリューションゾーン(課題解決)とは

 

ソリューションゾーンは、ユーザーの課題解決に関するコンテンツです。
以下のようなコンテンツで構成されています。

・ユーザー(ターゲット)への問題提起
・問題解決するための条件/前提/視点 など
・解決方法(サービス内容)

 

 

お客様(ターゲット)への問題提起について

 

ランディングページ内で「こんな悩み・課題ありませんか?」というコンテンツを
よく見ると思いますが、それがソリューションゾーンの入り口です。

ここでは、お客様の抱える課題やまたは気づいていない
(潜在的な)課題への問題提起について伝える部分です。

ほとんどの人は、切羽詰まった状況でないと行動しませんので
ここでは「今すぐ対策が必要!と行動したくなるコンテンツ」にする必要があります。

 

また問題提起の内容は具体的に記載する必要がありまして、例えば下記のように
「誰が何についての課題で困っているか?」分かるようにして、
さらに数値を交えて伝えるとより効果的です。

・社員の人材育成についての課題はありませんか? というより
・優秀な社員の退職率は、平均的な退職率よりXX%高いことを知っていますか? など

 

スペースに余裕があれば「この課題を放置することで起きる将来的なリスク
について記載し、放置による状況悪化を伝えるとより惹きつけるコンテンツとなります。

・問題解決するための条件/前提/視点 など
・解決方法(サービス内容) について

 

上記に記載した課題・問題に対して、どのように解決していくのか
そしてその解決方法を持っている・知っているのはウチの会社ですよ、
という流れを作るのがこのコンテンツです。

 

ここまで読み進めている閲覧者は、すでに自分(の会社)には問題があることを
認識してますので、自分たちだけで解決する方法と自分たちでは解決できない事もある、
ということを分かってもらうようにします。

 

この部分で注意しないといけないのは「売り込みが強すぎると相手は引いてしまう
ということです。

せっかくここまで惹きつけているので、どっしり構えて
「弊社にお任せください!」とまで書かなくても、「弊社サービスを詳しく知りたくありませんか?」くらいの気持ちでコンテンツを作ったほうがより効果的です。

例えばNGワードは、以下のようなものです。

・すぐにお申し込みください!
・今月あと何名
・絶対損はさせません!

 

少し長くなってしまいましたので、トラストゾーン(信頼獲得)の
コンテンツ解説はこちらに投稿いたしましたのでご参照ください。