ランディングページの作成:メインのキャッチフレーズの作り方

 

今回は、前回の
集客に繋がるランディングページの作成:媒体別の制作ポイント
の続きです。

 

弊社では年間40社ほどの集客用のランディングページを
作成しておりますが(主に「社長様を集客するためのLPが多いです」)
ある原則に沿って「メインのキャッチフレーズ:タイトル」を作成しております。

ランディングページの集客がうまくいくかどうかには、
メインのキャッチフレーズが大きく影響するからです。

 

ページの最初の入り口部分のキャッチフレーズが伝わらなかったら
当然、成果につながるわけがありません。

そこで今回は、「成果の出るランディングページの作成」その2として
ランディングページのキャッチフレーズがスムーズに作成できる、
3つの基本ポイントをお伝えいたします。

ポイントは以下の3つになります。

・会社の実績を具体的に伝える

・セミナーで学んだことを実践した場合の効果と、効果を出すまでの
 期間を数値で表す

・緊急的/限定的/季節的なキーワードを使う

 

これらのポイントは、競合との差別化ポイントである事と
ターゲットに「グサリ」と刺さるフレーズである事です。

そして上記3つ単独でも、組み合わせても使うことができます。
デザインや文字数制限などを考えながら作る必要がありますが、
まずは思いつくままにキーワードを挙げてみるのが良いです。

それではお伝えしていきます。

 

会社の実績を具体的に伝える

 

ここのでポイントは2つあります。
「実績」と「具体的」という部分です。

「実績」については、
会社または社長様・担当者様がこれまで経験して来た
事業内容、案件数など、訴求する内容にひもづく内容を訴求します。

主な「会社実績」は以下のようなものがあります。

・クライアント数(累計数)
・売上実績
・実績を達成するまでの期間
・従業員数
・創業年数
・マスコミ/メディア掲載歴
・表彰歴

 

「具体的」については、
上記項目を実証できる内容を伝える事です。
数値や実在する名称など、相手に考えさせずに理解してもらう内容が
良いです。

ここでの注意点は、企業の自慢に見えてしまわないことです。

悪いランディングページの例で言いますと、
実績数のテキスト文字が目立ちすぎているなど
自己満足なページが目につきます。

 

学んだことを実践した場合の効果と、効果を出すまでの期間を表す

 

これは例で説明しますと以下のようになります。

・半年で売上150%アップ達成するための経営改善講座
・50万円の広告費用で受注単価1,500万円の案件を受注する方法

 

セミナーに参加する多くの方は、早急に何かしらの課題を解決したい人です。

そのためある程度の目標期間・費用を示してやることは、そのセミナーが
どのくらい効果があるのかを具体的に理解してもらうことになります。

ここでの注意点は、あまりにも現実的でない効果(再現性のない事例)は
会社やセミナー自体の信頼性を損なう場合がありますので気をつける必要があります。

またLPのどこかのコンテンツ部分で、その効果を達成できる根拠も
記載することで「自分たちにも出来そうだ」(再現性が高い)と閲覧者の方から
思ってもらえるようになります。

 

緊急的/限定的/季節的なキーワードを使う

 

人間は「いつでも出来る」と思ってしまうと、すぐには動かない生き物
ですので、ある程度期限があることを前提にコピーライティングを
作ることが有効です。

昔のランディングページによく見られた、期限が1秒1秒動いていく
「カウントダウンタイマー」がこれに関連するコンテンツでもあります。

*あのコンテンツは法人向けには向きません。
 逆に見た目が怪しいので信頼性を無くしてしまいます。

セミナー参加可能人数が「あとX名」というのも同じ意味を持ちます。
(本当の数値がリアルタイムに更新されるなら良いですが)

 

それでは、緊急的/限定的/季節的なキーワードを使った
ランディングページTOP部分のコピーライティングのサンプルです。

・今年度、赤字経営を脱出するための
 →1日でも早く赤字を脱出したい社長様向けのフレーズ

・(X月締め切り)経営効率を3倍にする補助金の使い方
 →期間限定の補助金を使う方法

 

 ※補助金を使った実際のランディングページTOP部分を下記に添付します

ランディングページの反響率を上げる

 

インパクト重視のキーワード

 

最後にインパクトだけで成果が出てしまった
ランディングページのコピーライティングを動画でお伝えしておりますので
参考にしていただけたらと思います。

→こちらより

コピーライティングの作成に失敗すると、
1日中そのコピーライティング修正に勝手に脳が働いてしまいます。

そんな時、まれにコピーライティングの神様がチカラを貸してくれます。
それがここで紹介しているコピーライティングです。

ただし、コピーライティングだけではなく
ランディングページのデザインもある程度キレイに作ることで
効果倍増が見込まれます。

 

今回の内容は以上になります。

次回は、いよいよランディングページの肝中の肝である
コンテンツ構成」についてです。

 

今回の内容についてのご質問などお気軽にお問合せくださいませ。
すぐに返答させていただきます。

 

 

 

Follow me!