プッシュ型・セールスレターの構成/問題解決・信頼獲得

 

 

今回は、
プッシュ型・セールスレターDMの構成/興味付けについて」の続きです。

 

「プッシュ型」セールスレターの全体構成は、以下の構成でしたが
本文では、実際に送付しているメール内容を通して3と4についてお伝えいたします。

1.タイトル(インタレストゾーン)
2.会社紹介・要件と問題提起・啓蒙(ソリューションゾーン1)
3.問題解決方法について(ソリューションゾーン2)
4.会社概要(トラストゾーン)

 

本文を書くときの主旨は、送信相手はあなたのメールを
開かない・読まない・スクロールしない」と考えるべきです。

その状態で、ユーザーから反響を獲得するには何を伝えるべきか?
について考えていきたいと思います。

 

またレター本文を相手企業への(社長への)ラブレターと捉えることで、
あなたの熱量も上がり、ユーザーへ意図が伝わりやすくなること間違いないです。

それではお伝えしていきます。

 

3.問題解決方法について(ソリューションゾーン2)

 

この部分では、相手が抱えている課題・問題についての解決方法の
一部を公開するコンテンツです。

このソリューションゾーン2での情報は少なすぎてもユーザーには伝わりにくいですが
情報が多すぎると逆にその後の御社との接触が不要になってしまうため、
“アクションへ誘導するための”適度な情報量をここでは提供していきます。

この部分は「売り込み」ではなく、あくまでも情報提供であることが重要です。

それでは実際のメール文章を添付いたします。
(大見出しと小見出しを付けております)

 

問題解決のサンプル

——————————————-
「幹部・社員はなぜ私の言うことが聞けないのか?」の原因を突き止める
——————————————-

社長である貴方は、過去に1度は
「幹部・社員はなぜ私の言うことが聞けないのか?」と言う経験を
したことがあるでしょう。

「世代や価値観、経験の違い」と片付けてしまえばそれまでですが、
会社や組織はそれを前提に成り立たせる必要があります。

講座では下記3つのステップから、この問題を解決し、
「自ら動くチーム=自走チーム」を作る方法をお伝えしております。

1.「社員は本当に理解しているのか?」を探る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

XXXXXXXXXXXXX(見出しに関する内容)XXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXX(見出しに関する内容)XXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXX(見出しに関する内容)XXXXXXXXXXXXXXXX

 

2.「役員・社員との間に感じる違和感」の正体は?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

XXXXXXXXXXXXX(見出しに関する内容)XXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXX(見出しに関する内容)XXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXX(見出しに関する内容)XXXXXXXXXXXXXXXX

 

3.「安心・安全でポジティブな職場」を作る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

XXXXXXXXXXXXX(見出しに関する内容)XXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXX(見出しに関する内容)XXXXXXXXXXXXXXXX
XXXXXXXXXXXXX(見出しに関する内容)XXXXXXXXXXXXXXXX

 

いかがでしょうか。
御社にも似たような状況はありますでしょうか?

 

社長様ご自身が、今の現状をなんとかしたい!(しかし相談相手がいない)、
また生産性を上げる「幹部・社員への任せ方」を実践したい方は
ぜひコチラの講座を参考にしてくださいませ。

→ (遷移先のURLを挿入)

 

 

 

弊社が作成するセールスレターでは、メール文章が読みやすいように「大見出し」や
「小見出し」、または改行などを使いメール文章が連続しすぎないようしています。

 

プッシュ型・セールスレターの構成

 

4.会社概要や社歴など(トラストゾーン)

ここは、今まで1-3で伝えてきた内容の前提である会社の紹介をする箇所です。

どんなに良い商品/サービスでも、提供する会社が信頼あるのかないのかで
相手からの許容度が大きく変わります。

ですので伝えてきた御社の会社内容や社歴などが信頼あるものであると
相手にわかってもらう部分になります。

そして最後に、セミナーにご参加下さいや資料をダウンロード下さいなど
ユーザーのアクションを誘導する文言を挿入します。

それでは実際のメール文章を添付いたします。
(大見出しを付けております)

 

会社概要紹介のサンプル

——————————————-
経営者としてより「成長」するには?
——————————————-

今回の講座のもう1つのテーマは、
経営者として「自分の弱点を克服」し、ご自身も「成長できる」ことです。

経営者は会社のトップのため、叱ってくれる人・教えてくれる人は
社内に存在することが少ないです。

今回の講師は、XXXXXXXXXX(これまでの実績や表彰履歴など、講師の紹介文を挿入)
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXです。

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXの人材育成を行い、
XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXのプロフェッショナルです。
  

その中でも専門は、職場の困った人たちの
能力を開花させる「自走するチーム」に
バージョンアップさせることです。

そのサポート方法は、社長や社員の能力を無理に上げるのではなく
「今ある経営資源(ヒト・モノ・カネ)を最大限に活かす」方法をマスターし
会社に負担をかけずに成果を出すことです。

 

ぜひ今回の講座でそのやり方を実感して
いただければと思います。

詳細はコチラです。
→  (遷移先のURLを挿入)

ぜひご都合合わせの上、お越しくださいませ。

よろしくお願い致します。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

セールスレターを使った営業についての課題は2つあります。

一つは、セールスレター自体を使わない(知らない)こと
もう一つは、使っているがセールスレターの構成が間違っているため
レター自体が「押し売り」になって相手に迷惑をかけていることです。

御社の送付するセールスレターがユーザーにとって只の嫌がらせになるか
ダイヤモンドになるかはレターの「構成と内容」にかかっているということです。

 

それではよろしくお願い致します。

 

 

Follow me!